5月3,4,5日。AvacusのユーザーによるCrypto祭り「AVA-SAKE」の一周年イベントがBar THE WUで開催されました。
当日は「Avacus」のユーザーさんが日替わりで店長になり、おもてなしを行うという企画が実施されました。

1日目:店長Aco 6種類ほどのパスタメニューや極上おつまみをご用意
2日目:店長Adnis 有名な料理人から料理を学んだ店長が極上のローストビーフをご提供
3日目:店長もなか Cryptobabyとして暗号通貨界隈の著名人「もなかす」さんが店長として登場。ビンタのサービスなどをご提供。

当日は様々な暗号通貨の保有者、暗号通貨事業やメディアに携わる方々などが一堂に会しました。そして、AvacusPayによりスムーズな暗号通貨決済が行われました。現金の支払いよりも暗号通貨で支払いをする人の方が多かったのは驚きでした。

ここ渋谷という最先端の町の地下の小さなお店 Bar THE WUで、もうすでに、ごく自然に暗号通貨を使うという新しい文化が密かに始まっています。なんだか、わくわくしますね。

— 追記 6月5日 【海外サービスに紹介されました】
この活動が海外のブロックチェーンサービス「Counterparty」に紹介されました。 「Counterparty」はビットコインをより新しくパワフルな形に拡張するサービスだそうです。

CounterpartyNewsletter 05-01-2019

Counterparts Newsletter 05-01-2019
https://counterparty.io/news/counterparty-newsletter-05-01-2019/

海外のブロックチェーンサービスが、日本の飲食店を紹介するなどはもしかして初めてのことではないでしょうか…?
Bar THE WUが、単純に決済の種類を増やすためだけに「暗号通貨決済」を導入しているわけではないということが海外にも伝わったことをとても嬉しく思います。