Bar THE WUでは、BTCや日本円によるクラウドファンディングを行なってまいりました。残念ながら目標金額の達成には至りませんでしたが、たくさんの方にご支援いただきました。支援者の皆さまに、今一度、心より御礼申し上げます。
この度は、皆さまより頂戴した支援金の活用報告をさせていただきます。

支援金の活用報告

  1. virtual THE WU設立
  2. カラオケ導入
  3. 人員拡充
  4. 営業時間拡大

1. Virtual THE WU 設立

家に居ながらでも、東京にいなくても、THE WUを楽しめるように、仮想空間上にVirtual THE WU を設立しました。
Avacusと相互リンクする飲食店の新しい形を模索してまいりました。
コロナ渦で数々のイベントが中止される中、 Avacus株式会社設立一周年 は、この仮想空間上で行われ全世界に向けて生配信されました。Virtual THE WUがイベントスペースとして利用できることも実証実験できました。

2. カラオケ導入

以前からご要望が多かったカラオケシステムを導入することにいたしました。導入に伴いモニターを二台追加、無線マイクも4本追加しました。
複数のモニターを設置しているので、お店のどの場所にいてもカラオケを楽しむことができます。既存のクラブ用機材(スピーカー、ライト、CDJ)も常備しているので普段のカラオケとはまた一味違った体感をすることができます。

3. 人員拡充

人員の拡充を行いました。

4. 営業時間拡大

定休日を無くし営業時間を拡大しました。
※臨時休業の場合は公式Twitterにてご案内させていただいております。

昼営業(通常営業時間外での営業)も実験的に開始しております。
(土)(日)(祝)9時~17時の時間帯は1時間あたり1万円、3時間~でレンタルスペースとして貸出しを開始します。カラオケ設備、Wi-Fi、モニターの使用に加え、グラス、氷もご利用頂けます。スタッフ1名はサポートとして使用中に常駐致します。是非この機会にご利用下さい。


新型コロナウイルス感染拡大の未曾有の事態もあり、当初の予定とは少し違った形になってしまった部分もございますが、常に最善を尽くして挑戦してまいりました。今後も 感染防止策 を徹底しながら、新しい価値を提供できるよう努力してまいります。

関連記事